高得点を取るコツ

並び替え問題のポイント

「以下の単語を並べて意味の通る英文にしなさい」で始まる並び替え問題。この種類の問題を苦手としている人も多いですが、解くポイントを知っておけば、高得点を取ることも可能になります。 それでは、いくつかのポイントを解説します。

まず、ほとんどの並び替えの問題では、英文の一部を並び換えるものです。従って、すでに分かっている部分を参考に英単語を並べることになります。 そのとき、一番最初にすることは、その英文が何文型なのかを推測することです。 英文には5つの文型があります。 問題として出題されるのは、ほとんどが、4または5文型になります。

従って、どの文型が分からないときは、4または5文型のうちどちらかなのかを考えればいいです。 ちなみに、4文型に使われる動詞はほとんど決まっています。 たとえば、tellです。4文型で使われる動詞があるのなら、その英文は4文型と推測して、英単語を並べればいいです。

まず、4文型で使われる動詞を覚えましょう。全部で10種類ほどなので、すぐに覚えることができます。 そして、動詞の後には、目的語が2つ並びます。具体的には、人を表す目的語、次にものを表す目的語が続きます。 この法則を知っておけば、簡単に英文を作ることができます。

次に、5文型についてですが、5文型で使われる動詞はある程度決まっていますが、4文型ほど厳格に決まっていないので、4文型ではないなら5文型と推測するのが一番簡単です。 そして、5文型では、動詞後ろに2つの単語を置きます。 この2つの単語の関係が主語と述語の関係になっています。 つまり、主語と述語の位置関係になるようにおけばいいということになります。

最後に残った単語がある場合もあります。その場合、ほとんどが前置詞を含んでいることが多いです。 前置詞の使い方もとても簡単で前置詞の後ろに英単語の順番におけばいいだけです。 それを最後尾におけば英文の完成です。 その順番で問題を解くようにすれば高得点間違いない。