あと10点アップさせる

長文問題を解いてみよう

長文問題は1問ごとの得点が高いので、しっかり正答できるようになれば、簡単に10点アップできます。 逆に、間違えれば、10点ダウンも簡単に起こります。 従って、1問1問を慎重に解く必要があります。

それでは、具体的に攻略法を解説していきます。 まず、長文で点数が取れない人の特徴は、最初に長文を真剣に読むことです。 高得点を取るためには、問題の回答が分かればいいのです。 ここが一番のポイントになります。

長文を読みなさいとは書いてありません。 以下の問題に答えなさいと書いてあるはずです。 つまり、どんな問題あるのかをまず確認して、その回答が書かれていそうなところを丁寧に読み込むことが大切になります。

従って、まず、用紙が配られたら、ていねに読むことです。 長文よりも問題部分を細かく読み込むようにしましょう。 そして、問題に書かれていた英文がしっかり日本語に訳すことができたら、今度は、長文を眺めます。

そして、文章には必ず、段落というものがあります。 その段落を見つけて、それぞれの段落の一番最初の英文を読みます。 そこで、それぞれの段落の内容を推測します。 そうすると、問われていた回答がどの段落に書かれているかも推測できるようになります。

ここまでできたら、問題の回答が書いてある部分を丁寧に読むます。 この手順を踏めば、1つ1つの問題の回答を埋めることができます。 何度もいいますが、問題を読んで回答が書かれていそうな箇所を読み込む。 そして、回答が見つかったら、次に進む。 また、上記の手順を繰り返す。 この流れをしっかり覚えてください。