英語を上達させる勉強法

アルファベットとローマ字の違いがわからない

小学生のとき私は勉強を一切していなかったため、全然成績がよくありませんでした。そのため、小学4年で学んだローマ字をまったく理解していませんでした。小学の時の通知表は5段階評価でしたが、算数、国語などは2ばかりでした。

ただ、当時は成績が悪くても何とも思わない子供でした。そして、6年生になったときです。親が中学に入ったら私を塾に入れると言いました。私が勉強嫌いでしたから塾には反対でした。その塾なんですが、地元では評判がいい塾でした。そのため、親は絶対この塾に入れたいと思っていました。そして、親が入塾するために手続きをしに行きました。

そのとき、親は入塾を断れたそうです。その理由ですが、私の通知表がすべて2だったからです。その塾は通知表が3以上ないとは入れない塾だったのです。 しかし、親はどうしても入れてほしいとお願いしたそうです。そして、特別に入塾を許可してもらったと言っていました。

ここで中学に入ったら塾に行くことが決まりました。 その塾では英語と数学を勉強することになりました。 特に英語の授業は厳しいことで有名でした。 そのため、その塾の生徒はみな英語の成績は抜群によいと聞いていました。

そして、中学に入る前にアルファべットを覚えるという宿題が出ました。 そのときです。そのアルファべットを見たとき、小学4年で学習したローマ字のことを思い出しました。 当時、アルファベットとローマ字の違いがわからず、ローマ字が理解できないとアルファベットも理解できないと思い焦りを感じていました。

それをきっかけに英語学習に関する不安が強くなりました。 果たして私は中学に入ってから英語の授業についていけるのか? そして、今まで勉強をしたことがなかったので、勉強の方法もわからず、どうやってアルファベットを覚えていいのかもわかりませんでした。 こんな状態から英語の勉強がスタートしました。

長文を読むコツ

私が英語の長文を読むのが苦手でした。しかし、あることをきっかけにスラスラ読めるようになりました。 その方法とは、長文を立体化したことです。 立体化するとは、文章を作る最小の単位の単語のつながりを意識したことです。

例えば、この単語をさらに詳しく説明している文章がその後ろにつながっている。 または、「そして」というのは並列語といって、何かと何かを並列に並べる働きがあります。そして、何と何を並べて比較しているのかを考えるようにする。

このようなことを意識すると長文が立体のように見えるようになります。 そうすると「誰が何をどうした」のかが明確にわかります。それがわかれば、英語で何を言いたいのかがわかりますので、間違った意味に訳すことがなくなります。その他の箇所は、具体的に説明している部分ですので、どの箇所の具体的な説明部分なのかを分析すれば、長文を正確に訳すことができます。

あと、中学の英語長文をスラスラ読むためには熟語を覚えなければいけないと思っていました。 しかし、たくさんの単語を覚えるだけでも大変なのに、さらに熟語を覚えるのはとっても大変なこと。 ただ、「熟語を覚えないと長文は読めない」ではどうすればいいのか? この問題解決にすごく時間を掛けました。

そこで、いろいろな熟語を見てわかったことですが、中学で習う熟語はほとんどが前置詞という動詞を表す動作をさらにくわしく伝えるために使う言葉が付いていることに気づきました。 また、この前置詞は合計でも20語前後。 それならこの前置詞だけ覚えれば、熟語の意味を推測できるのではないかを考えました。

そこで、中学英語で習う前置詞を詳しく解説している参考書を買って勉強することにしました。 尚、参考書選びで注意する点は、前置詞の解説を図を使って説明しているものを選ぶこと。 前置詞は空間での動きを中心に表すものなので、文字だけではなかなか理解しずらいからです。 図があると、前置詞がどのような動作を示すのかが想像しやすいのです。

また、参考書を使うときに前置詞の意味を覚えるのではなく、参考書の解説で用いられている図をそのまま覚えるようにしましょう。 例えば、「to」を「〜へ」と覚えるのではなく、図から空間上のある点からある点に移動しているとイメーがすぐに思い浮かぶようにします。

尚、「for」などは1つの図ではなく、複数の図で説明されている前置詞もあります。 つまり、1つのイメージから複数のイメージへと派生しているものもあります。 これは少し覚えるときにコツが入ります。 まず、最初に出てくる図で基本のイメージを理解します。 次に、その基本のイメージに何を加えて派生するイメージができたのかを理解します。 複数のイメージがあるからといっても、それぞれのイメージが全くことなるということはありません。

同じ前置詞なのですがら、どこか共通点があるはずです。 派生するイメージは共通点に何かを加えることがほとんど。 なので、共通点と加えた点を分けて考えるようにすると、複数のイメージがある前置詞も簡単に覚えることができます。

例えば「turn〜 off」という中学でも習う熟語があります。 まず「off」が離れていくという状態を示します。 また、「turn」は回転させると動作を示す動詞です。 つまり、繋がっている状態を離れていく状態に回転させるというのがわかります。
英文法が苦手な人に読んでほしいページ

なので、「(電気など)〜を消す」、「(水道など)〜を止める」という意味になるのです。 ここで、電気なのか水道なのかわからないくても大丈夫。 長文でどちらの話題をしているかを把握しておけば「turn〜 off」が「電気を消すこと」なのか「水道を止める」なのかはわかります。 このように前置詞をイメージで理解しておけば、熟語の意味も推測できるというわけです。

今度は、「add A to B」の意味を考えてみましょう。「to」はある点からある点へ移動している途中を示します。 「add」は「何かを加える」という意味です。 ということは、「to」からAからBに移動しているのが理解できます。 それから「add」という動作を元に考えると、「Aを取ってBへ移動、加える」というのがイメージできるのではないでしょうか?

基本はこのイメージで理解するだけでもいいのですが、頻出の熟語はさらに意味も覚えておきましょう。 長文でイメージから意味を導きだすのでは時間が掛かります。 それでは長文をスラスラ読めません。 イメージで理解しておけば覚えるのに苦労はしないでしょう。