英語を上達させる勉強法

アルファベットとローマ字の違いがわからない

小学生のとき私は勉強を一切していなかったため、全然成績がよくありませんでした。そのため、小学4年で学んだローマ字をまったく理解していませんでした。小学の時の通知表は5段階評価でしたが、算数、国語などは2ばかりでした。

ただ、当時は成績が悪くても何とも思わない子供でした。そして、6年生になったときです。親が中学に入ったら私を塾に入れると言いました。私が勉強嫌いでしたから塾には反対でした。その塾なんですが、地元では評判がいい塾でした。そのため、親は絶対この塾に入れたいと思っていました。そして、親が入塾するために手続きをしに行きました。

そのとき、親は入塾を断れたそうです。その理由ですが、私の通知表がすべて2だったからです。その塾は通知表が3以上ないとは入れない塾だったのです。 しかし、親はどうしても入れてほしいとお願いしたそうです。そして、特別に入塾を許可してもらったと言っていました。

ここで中学に入ったら塾に行くことが決まりました。 その塾では英語と数学を勉強することになりました。 特に英語の授業は厳しいことで有名でした。 そのため、その塾の生徒はみな英語の成績は抜群によいと聞いていました。

そして、中学に入る前にアルファべットを覚えるという宿題が出ました。 そのときです。そのアルファべットを見たとき、小学4年で学習したローマ字のことを思い出しました。 当時、アルファベットとローマ字の違いがわからず、ローマ字が理解できないとアルファベットも理解できないと思い焦りを感じていました。

それをきっかけに英語学習に関する不安が強くなりました。 果たして私は中学に入ってから英語の授業についていけるのか? そして、今まで勉強をしたことがなかったので、勉強の方法もわからず、どうやってアルファベットを覚えていいのかもわかりませんでした。 こんな状態から英語の勉強がスタートしました。

長文を読むコツ

私が英語の長文を読むのが苦手でした。しかし、あることをきっかけにスラスラ読めるようになりました。 その方法とは、長文を立体化したことです。 立体化するとは、文章を作る最小の単位の単語のつながりを意識したことです。

例えば、この単語をさらに詳しく説明している文章がその後ろにつながっている。 または、「そして」というのは並列語といって、何かと何かを並列に並べる働きがあります。そして、何と何を並べて比較しているのかを考えるようにする。

このようなことを意識すると長文が立体のように見えるようになります。 そうすると「誰が何をどうした」のかが明確にわかります。それがわかれば、英語で何を言いたいのかがわかりますので、間違った意味に訳すことがなくなります。その他の箇所は、具体的に説明している部分ですので、どの箇所の具体的な説明部分なのかを分析すれば、長文を正確に訳すことができます。